登山を中心としたアウトドアからインドアまでのブログ

OUTDOOR TO INDOOR

キャンプ 全てのカテゴリー

暑い夏でも森の中で快適に過ごせる、本栖湖キャンプ場

更新日:

今年は梅雨が長く続き、8月に入ってやっと梅雨が明けたと思ったら酷い猛暑日ばかりでなかなかキャンプをする勇気が起きずでした。

そこで選んだのが本栖湖キャンプ場です。富士五湖の1つである本栖湖は、他の湖に比べて水の透明度が高く、ヨットやカヌーを楽しむ人が多く集まります。浮き輪を持っている人もたくさんいて海のない山梨で海水浴風を楽しんでいました。

本栖湖キャンプ場は、山頂から富士山の絶景が望める竜ヶ岳の登山口としても有名です。登山した後にキャンプするのも素敵ですね。

場所はこちら↑

   

本栖湖キャンプ場はとても広く、開けた湖畔から木が鬱蒼とした森の中まで好きな場所にテントを張ることができます。コテージの数も多くテントがなくても利用できます。

湖で楽しむ多くの人がキャンプ場を利用していましたが、ほとんどの人が湖畔のキャンプ場を利用するので森側は比較的空いています。

ホームページのキャンプ場マップ

マップに載っている道は車が通れますが、中にはマップに載っていない細い道があって車が通るのもギリギリの狭さだったので注意してください。

本栖湖キャンプ場のホームページは、写真をたくさん載せてくれているので情報量が多くて見やすかったです。水場とトイレも綺麗で数も多いので人が多くても待つことなく利用できました。

    

【本栖湖キャンプ場のメリット】

★予約は出来ないけど敷地が広いので、場所を選ばなければ大抵場所が取れる

私達は土曜日の11時頃到着しました。海水浴シーズンだったので湖畔は隙間がないくらいぎゅうぎゅうでしたが、森の中はまだ余裕がありました。場所を確保してから受付してもいいので、到着してすぐに自由な場所を選べます。管理人さんは翌日の朝に一つ一つのテントを回って、受付が済んでいるか確認しに来るだけで、それまでは自由に過ごせます。

  

★森の中の場所を選べば夏でも快適!!

木漏れ日が最高!暑い日でも外でシートを敷いてお昼寝出来るくらいです。そして蚊も少ないので不快要素なし!唯一ありが多くてテントにも登ってきていたので荷物が狙われないよう要注意です。

  

★使用料が安く1泊1人1500円

フリーサイトで区画の制限がないのに良心的な値段に感動しました。ゴミも回収してくれてゴミ袋もいただける優しさ♡

     

・直火可なので自由に焚き火が楽しめる🔥

直火可の施設って意外に少ないですよね!火消しさえしっかり行えば灰はそのままで良いので片付けも楽です。残った炭を持って帰らなくていいのは本当にありがたい。

 

富士五湖のくせに富士山は見えないけども、開放的で涼しいので暑い夏にはとてもオススメです。ぜひご利用ください。

    

-キャンプ, 全てのカテゴリー

Copyright© OUTDOOR TO INDOOR , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.